スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜の花から 思う・・・

 IMG_2751_convert_20120417220315.jpg ピークは過ぎたけど…

   桜の並木道が 夢破れたような道に変わった頃 ふと 川に目をやると
        黄色一色 の  菜の花RIVER

  ここまで 咲くと 『美味しそう』 よりは 『綺麗』 と 思う


今は 毎日 菜の花の香りに 懐かしさを感じながら 帰宅する


 幼い頃の懐かしさ  
         の香り   花の次の実の収穫

 原始的に 刈り取って 干して・・・
    乾いたらむしろに広げて 叩く ひたすら叩く ただただ強く叩く
                        ↑
  (この農具 思い出せず検索したら 『唐棹』とちゃんとあってビックリ

ち~~さい真っ黒な粒粒が出てきて それを裸足で踏むと こそばゆい

    幼すぎて 手伝いではなく 邪魔なだけだったろうな


 終って 夕方  脱穀したあとの茎や殻を燃やしたあの匂い

  たそがれ時 と 空腹 と 息がつまる感じが 幼いながら 寂しかった~

  時には 『 てっぺんたけたか~ 』 と鳴きながら飛ぶ鳥が居たり…


         今はもう遠い昔の お話・・・

  
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。